インド最大級のガネーシャ祭@ムンバイ開催中

india life

年に一度、ムンバイを含むマハラシュトラ州が最も賑やかになるのがガネーシャ祭です。

このブログを書いている今もガネーシャ祭の真っただ中。

外は打楽器の音で賑やかなので、夜遅くまでブログを書いています。

普段は外国的で、あまり宗教や文化を感じさせない都会ムンバイの人々が、もっとも鮮やかなヒンドゥー教の神様に熱狂するガネーシャ祭をご紹介します。

sponsor
sponsor
sponsor

ガネーシャ神とは

シヴァ神とパールバティ女神の子供、ガネーシャはヒンドゥー教の中で最も人気の高い神様の一人です。

日本では歓喜天として古くから知られています。

学業、財、商売、厄除けの神様として知られ、インドではどのお店にもガネーシャ象が入り口近くに祭られています。

特にムンバイを含むマハラシュトラ州はガネーシャ信仰が強く、キリスト教などの異教徒もガネーシャの像を飾っていることが多いです。

古いものに興味のなさそうなムンバイの人たちが、ガネーシャに寄せる愛情にはいつもホッコリとします。

ガネーシャは姿がシンボル

ガネーシャは神話に残る頭の賢さもあっぱれですが、その姿自体が私たちのあるべき姿を示して下さっています。

顔は象で、身体はふくよかな人間。一見とても愛らしくて大衆から愛されているガネーシャですが、知恵の神であるガネーシャは、その姿から私たちに生きるための知恵を与えてくれています。

ムンバイを中心に行われるガネーシャ祭とは

ガネーシャ祭の日時はインド歴に従うため、毎年変わります。

今年(2019年)は9月2日でした。

初日は ガネーシュ・チャトゥルティー と呼ばれるガネーシャの誕生日です。

そこから、満月の来る11日後まで続きます。

ガネーシャ祭はどうやって祝うの?

ガネーシャ祭には、ガネーシャを自宅にもてなしておもてなしします。

自宅にガネーシャを招いたラケーシュバイヤー

前日

ガネーシュ・チャトゥルティー (誕生日)の前日にガネーシャを自宅に招きます。

前夜祭の盛り上がりはとてもすごいです。

ムンバイ中で太鼓の行進が行われ、爆音の音楽で眠れない一夜になります。

道はガネーシャを運ぶパレードで埋め尽くされ、朝方まで続きます。

私はそのパレードには参加したことがありませんが、朝起きるとうちのソサイエティにもガネーシャが来ていました。

ガネーシャ降臨!!

この時点ではお供え物もなく、顔には布がかかっています。

誕生日! ガネーシュ・チャトゥルティー

8月中旬以降の神月から数えて4日目が ガネーシュ・チャトゥルティー と呼ばれるガネーシャの誕生日。

私は必ずバイヤー(ラケーシュ・チョウラシア)家でお祝いしています。

ムンバイ中の全ての家庭がガネーシャを招くわけではなく、家にガネーシャが来ない人は親戚などの家のガネーシャに会いに行き、お供え物をします。

この日は各家庭内でお祝いをするため、ガネーシャ・フェスティバルの間で町が最も静かな1日です。

グルジも来た昨年の ガネーシュ・チャトゥルティー 。チョウラシア家の皆さんと

こちらは私の住んでいるソサイエティ(マンション)のガネーシャ。みんなで寄付を募って毎年お祝いします。

ガネーシャの日数は家庭ごとに違う

何日間ガネーシャに滞在して頂くかは家庭ごとに違います。

1日半(チャトゥルシーの翌夜)で見送る家庭もあれば、3日、5日、7日、11日とそれぞれです。

ガネーシャが家庭にいる間は、毎日ガネーシャに向けたプージャ(祭儀)を行います。

ガネーシャのお見送り。派手なフィナーレ

一定日数人間界に降りてきたガネーシャが帰る日。

私たちは海までお見送りに行きます。

そこまでの道のりはパレードを行い、ムンバイの町中が信じられないくらい爆音に包まれます。

特に5日目などは朝まで続くパレードの音で眠れません。

大小様々なガネーシャの行進が行われ、それぞれのガネーシャの周りに何十人もの人が踊り付いていきます。行進は打楽器と共に行われ、ドラムのリズムに合わせて

「ガナパティバッパー(先導者)」

「モーーーリヤーーー(全員)」

と唱えながら進みます。

町中の「ガナパテイバッパ・モーリヤ」が揃う時があり、家の中から聞いていてもものすごい迫力を感じます。

海や川まで辿り着くと、ガネーシャを水に沈めて終わりです。

その光景を見に行くのは危険と言われていてまだ経験が無いので、今年は行ってみたいと思います。

ガネーシャの好物

ガネーシャは本当に甘いお菓子が大好き。

沢山のお菓子とフルーツを山のように積んで誕生日のお祝いをしますが、中でも最も好きなのがモーダクと呼ばれるお菓子です。

ショップで買うモーダクは小麦粉、ミルク、砂糖ベースのものが多いですが、マハラシュトラ州の家庭で伝統的に作られるモーダクは蒸しモーダクです。

こちらが本当に見つけられなくて、3年目にやっと出会えました。

写真があまり綺麗でないですが…

あんまんと同じような皮に、ココナッツとジャグリー(黒砂糖)ベースの具が入っています。

蒸したての状態が最高で日持ちがしないため、ショップではほとんど販売していません。

もっちり甘くて美味しかったです。

都会が宗教的になる11日間

ムンバイの人は、あまり宗教に興味がなさそうに見えて、インドらしさを感じることが出来ないのですが、ガネーシャ祭の期間だけは町が一丸となって祝います。

キリスト教や異教徒の人も何となくガネーシャを飾っています。

この期間は爆音で一切眠れなくて寝不足が辛いのですが、ムンバイの大切な日に毎年一緒にお祝い出来て幸せです。

ーーーー最終日の様子はこちらーーーー

コメント

  1. […] インド最大級のガネーシャ祭@ムンバイ開催中年に一度、ムンバイを含むマ… […]

タイトルとURLをコピーしました