【バクティ】クリシュナの愛し方はそれぞれ

yoga

ギーターのバクティ・ヨガはクリシュナへの信愛ですが、どのような形でクリシュナを愛するかは人それぞれです。

私たちは、神さまと言うと、崇めることしか想像できませんがインドの人たちは、様々な方法でクリシュナを愛します。その様子を見ると、クリシュナへの愛が、形式的なものではなくて、心からのものだと分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

時に、恋人、時に我が子、クリシュナの愛し方

バガヴァッド・ギーターの中で、アルジュナはクリシュナに対して、まるで友人のように話します。

神と、友情をもって接することをサークャといいます。バガヴァッド・ギーターの中でアルジュナは、神であるクリシュナに対してとてもカジュアルに質問をします。

しかし、失礼な対応をしているわけではなく、常に尊敬の念をもって接しています。そして、クリシュナもそれを受け入れています。

クリシュナ神との関係性は、信者の中でも様々です。

時に我が子のように、時に恋人として

インドで旅をしていると、バスケットを持ち歩いている人を見かける時があります。

中には、赤ちゃんのクリシュナの像がいて、まるで自分の赤子のように世話をします。

インド人の家庭の多くには家の中にお寺のスペースがあります。

ブランコに乗ったクリシュナの像があり、ブランコを揺らして遊んであげます。

また、多くの人は毎朝クリシュナの像を一番に整えます。

毎朝服を着替えさせ、綺麗に吹き、化粧をして、食事やスイーツを捧げます。

ほとんどの人は、先に神様に食事を運ぶまで、自分自身は何も口にしません。

たとえ空腹であったとしても、神に捧げものをすることを忘れない。それは、スマラナというバクティのかたちでもあります。

母親が、いつでも赤子のことを忘れないように、クリシュナのことを愛します。

女性音楽家の中には、クリシュナを自分の恋人として、一生神に捧げるための音楽に身を捧げる人もいます。

クリシュナへの愛の形は様々。

常に心にとどめることがバクティ

バクティの形は人によって様々です。

しかし、どのような形であっても。もっとも大切なことは、常に心の中にクリシュナへの信愛を抱き続けることです。

それによって、私たちの心は。不純なものに惑わされにくくなります。結果、どのような時でも、平穏でいられる安定した心を手に入れることができます。

ギーターの教えを説いたクリシュナって、どんな神様? | ヨガジェネレーション yogageneration
ヨガの経典として有名なバガヴァッド・ギーターは、人間として生まれてきたクリシュナ神が、主人公アルジュナに、この世の真理を説く話です。ギーターの教えについては連載で少しずつ紹介してきましたが、今回はギーターの教えを説いてくれたクリシュナについて深く見ていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました