美味しい大豆ミート(ソイミート)のハンバーグ

雑談

低脂肪、高タンパク質、コレストロールフリーで、ベジタリアンやビーガンだけではなくて、ダイエット中の人にとってもとてもいい食品です。

しかし、大豆で作られているので、味にはちょっと癖があって、苦手な人もいます。

私も色々な調理法を試しましたが、その中で最も美味しかった大豆ミートのハンバーグをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大豆ミートのハンバーグの材料

私は目分量で作ることが多いので、あくまでも目安にしてください。

  • 大豆ミート:80g
  • たまねぎ:小1個
  • にんじんやしいたけ:好みで少量
  • 小麦粉:大さじ4くらい
  • グルテンフリーにする場合は、小麦粉の代わりに卵1個
  • 塩・コショウ適量

ベジタリアンの方は、小麦粉をつなぎにして作れますし、グルテンフリーにしたい場合には卵を使います。もちろん、両方でも大丈夫です。

大豆ミートハンバーグの作り方

大豆ミートは、下ごしらえで5分から10分くらい熱湯で茹でます。(大豆ミートの大きさで茹で時間が変わる)

できればミンチタイプの大豆ミートが良いのですが、うちにはなかったので、茹でた大豆ミートをみじん切りにしました。

この写真だと大きく見えますが…ミンチです(笑)

しっかりと水分を絞っておきましょう。特に卵を入れる場合は、水分が多いとまとまらないです。

たまねぎは、みじん切りにしてあめ色になるまで炒めます。ニンジンなどを入れる場合は、一緒に炒めます。

後は、材料を混ぜて、塩とコショウで味を整え、適度な大きさに丸めて、焼くだけ。

焼く前の生地がやらかめだったので、スプーンでフライパンに落としました。フタをして、片面7分くらい中火で焼きました。

大豆ですが、見た目はしっかりとジューシーなハンバーグです。

形は少々不格好ですが…

ちゃんと美味しかったです。ど

炒めたたまねぎと混ざっているので、大豆ミート独特の大豆臭さが気にならなくなっています。

2日目からは、トーストにはさんで頂いたりしました。

牛肉を食べない私は、ハンバーグを食べることがまずないのですが、これならバンズを買ってきて頂けそうです。

ソイミートは、ミンチがおススメ

ミンチタイプのソイミートは本当に使いやすいです。

ハンバーグや肉団子以外にも、麻婆豆腐などに入れると、本当のお肉と遜色なく頂けます。

もちろん、コレストロールフリーで、高たんぱく。大豆イソフラボンも多く含まれているので、とても女性に嬉しい食材です。

マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉レトルト ミンチ 80g ×5個 nichie 大豆ミート 低脂肪 高たんぱく ミンチタイプ 900g

湯戻しなしで使えるものもありますし、家族でたっぷり頂く場合には、お得な乾燥タイプが良いです。

雑談
スポンサーリンク




永井 由香をフォローする
ガナパティ手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました